どうしてもお金が借りたい時、キャッシング会社をどこにするかについてはそれぞれの環境で変わってくるのですが、最近では消費者金融でお金を借りている人がたくさんいます。

 

銀行でお金を借りるというのは、少し敷居が高いと感じて、敬遠してしまうような部分もあります。

 

理由はどうであれ、お金を借りたいと思っているのなら、まずは審査に通らなければお金は借りられませんので、まずは申込みをしてみましょう

 

審査に通る人通らない人

たとえば、独身者と既婚者では、どちらが審査に受かりやすいかと考えた時、答えは既婚者になります。キャッシングを初めて申込をした人と、すでに借入経験がある人を比べた時、答えは、経験になります。

 

この差がどうして出るかと言えば、キャッシングの審査は年収以外に、多くの審査項目があるからです。また、キャッシング業界は、規制強化の中、いかに優良な顧客を獲得しようと様々な努力をしています。

 

そこで、収入や職業形態などの分かり切った要素だけで判断していては、他社との差別化はできません。したがって、顧客のさまざまな要素を考慮して審査する必要があり、それを「与信」と呼びます

 

「与信」は職業や年齢、職業、年収などの「属性」に基づくものと、借入状況や返済実績など、信用情報機関の個人情報を基にして判断しています。

 

キャッシング業者は、まず申込者の属性をコンピューターでそれぞれの属性を点数化し、その合計点で融資が可能か、可能ならいくらまで貸せるかを判断します。

 

スコアアリングシステムの内容

業者間で多少の違いはありますが、共通しているのは以下のようなものです。

  • 勤務先
  • 最も有利なのは公務員、続いて大手企業です。

     

  • 雇用形態
  • 正社員が有利なのは確かですが、最近はパートやアルバイト、自営業の方でも収入があれば申込みが可能です。また、勤務先も重要視されるので、派遣やアルバイトでも勤務先が大企業であれば可能は高くなります。

     

  • 年収
  • もちろん年収は多いほど有利ですし、消費者金融の場合、総量規制の摘要で年収の3分の1以内と制限されていますので、年収が多ければ多いほど融資限度額が多くなります。

     

  • 勤続年数
  • 長ければ長いほど有利になります。
    一般的に、6カ月に満たない場合はかなり厳しいと言われていますので、せめて1年以上は勤務実績を作る方が有利になります。

     

  • 健康保険証の種類

健康保険の種類は年収よりも重要な要素になります。
組合保険証や社会保険証の場合は、公務員もしくは正社員と判断されるので有利ですが、
国民健康保険の場合は職業形態が解らない事や無職でも作れるので、国民健康保険の場合は信用力が低くなります。

 

その他、住居形態、居住年数、家族構成など多くの項目で点数が付けられます。

 

審査が初めてと言う方が有利とは限らない

キャッシングの優良顧客とは、長期間、繰り返し取引をしてくれる顧客の事をいい、出来るだけそういう利用者を求めています。

 

そのため、取引実績があって、取引期間が長く、なおかつ複数の借入はしていない人が審査で高い評価が得られます。


借金経験のない人の方が良いイメージがありますが、キャッシング業界の評価はそうではありません。

 

顧客の信用力をみる「信用情報スコアリング」では以下のようになります。

 

取引実績

キャッシングを利用した経験者で個人情報の登録がある人の方が、高い点数になります。

 

取引期間

以前キャッシングをしていた人や現在も利用している人の場合、取引期間が長ければ長いほど評価は高くなります。

 

現在の借入残高

以前キャッシングをしていた人や現在している人の場合、取引実績があればよいのですが、現在の借入残高が少ない方が有利です。消費者金融で借りている場合、年収の3分の1に近い状態だと難しいです。

 

他社借入件数

他社借入は「借入総額」ではなくて「借入件数」が重要です。
同じ借入総額でも、借入総額が多くて借入件数が少ない方が信用力の高い顧客、と考えられます。

 

たとえば、
1社から100万円の借り入れがある人と、5社から20万ずつの借入れがある人では、前者のほうが圧倒的な高い信用度のある人ということになります。

 

有利に審査を受けるためには

スコアリングシステムで、どんな人が有利になるかを見てみました。
当然ですが、有利になる条件が多い人ほど、審査に通りやすくなります。

 

しかし、例えば勤務先や健康保険証など、自分ではどうにもできないような属性も多くあります。よく見てみると、自分でどうにかすることも可能で、審査にも重要になるのは「属性スコアリング」ではなくて「信用情報スコアリング」にあります。

 

信用情報なら、過去の金融機関との取引実績や利用状況をきれいにしておくことで、審査に有利な人になれます。

 

利用履歴をきれいに保つために大切になるのは

  • 適度に借入をしてきちんと返す実績を積む
  • 返済の遅延や延滞は絶対にしない
  • 借入金額よりも借入件数を少なくする
  • いちどにたくさんの申込みをしない

 

このように、自分で信用力を高めることは可能なので、キャッシングの審査で有利になるためにも、自分の信用情報は常に意識しておく事が重要になります。