キャッシングの審査で重要なのは信用情報

キャッシングの審査で重要なのは信用情報だと言われます。

 

信用情報には、契約内容や返済状況など、あらゆる情報が記録されていて、ローンやクレジットカードを利用すると、信用情報に記録が残ります。

 

審査は申込書に記入した内容と、信用情報機関の個人情報を重要視しています。

 

信用情報とは

簡単に言うと「金融機関との取引履歴」のことで、ローンの申込をした事や、クレジットカードやローンを利用すると、信用情報にすべて記録が残ります。また返済状況なども記録されるので、遅延や延滞があった場合の情報も残ります。

 

ですから、審査に落ちた理由としては、信用情報の利用履歴に問題が有る場合や、すでに融資限度額が一杯になっている事などが考えられます。これらの情報が記録されているのは、日本では3つの信用情報機関が利用されています。

 

信用情報機関とは

全国銀行個人信用情報センター

銀行や銀行関連のクレジットカード会社が加盟しています。

 

日本信用情報機構(JICC)

主に消費者金融が利用していて、およそ80%が加盟している信用情報機関です。

 

シー・アイ・シー(CIC)

主に、クレジットカード会社やローンを取り扱う銀行などが加盟しています。
また、一部の消費者金融会社も加盟しています。

 

日本の金融機関は、これら3つの信用情報機関のうち、いずれかに加盟しています。

 

情報はいつまで残る?

一度記載された情報は、「一定期間」保存されることになります。
ただ、その期間は情報の種類、情報機関によって異なりますが、一般的には

  • 申込に関する情報は最長6ヵ月間
  • 契約、返済に関する情報は最長5年間
  • 延滞、強制解約に関する情報はその状態が解消されてから最長5年間
  • 任意整理に関する情報は最長5年間
  • 自己破産や個人再生に関する情報は最長10年間

 

完済したからといって安心できない

完済して5年以上経っているが、信用情報にローンの契約情報が残っている、と言う場合があります。これは完済したからと言って契約解除にはなっていないという事で、キャッシングの契約はほとんどの場合、完済するだけで契約解除になりません

 

新たに住宅ローンなどを申込む時、これらの契約が残っていると影響する場合もあるので、もう利用しないという場合は解約手続きを済ませておく事が重要になります。