目的別でキャッシング会社を選ぶ

日常生活の中で「給料日前に冠婚葬祭が出来た」という場合や、「思わぬ出費があり財布の中身が給料日までもたない」といった事がありますが、キャッシングはそういった事を解決できる便利なツールです。

 

キャッシングは便利なツール

キャッシングは消費者金融やクレジット会社、銀行のカードローンなどで利用できます。

 

キャッシングのメリットは

  • すぐにお金が借りられる。
  • 無担保でお金が借りられる。
  • 融資限度額が決まればその範囲内で何度でも借入れができる。

といった利便性があります。

 

申込年齢は20歳〜65歳、69歳と年齢制限がありますが、正社員だけでなくパートやアルバイトで収入を得ていれば誰でも申込が出来ます

 

目的を決める

たとえば「多くのお金は借りなくてもよいので、給料日までの間だけお金を借りたい」という場合や「少し多めのお金を借りたいので金利を優先して考えたい」など、お金を借りるには目的があるはずです。

 

どこで借りるか決めにくい場合は、目的を決めて探せば案外簡単に見つけられます。

 

今すぐお金を借りたい時は

大手消費者金融はすべてが即日融資に対応していますので「今日中にお金を用意なければならない」と言う場合でも心配ありません。

 

消費者金融は銀行に比べて審査が緩く、スピード審査が可能なので即日融資でお金を借りることが出来ます。そのためには指定された時間内に審査を終えて契約をしておく必要があります。

 

当日振り込みを希望する場合は、平日の14時までに契約を完了しておけば、その日のうちに振込が完了します。

 

低金利でお金を借りたい時は

キャッシングは消費者金融だけでなく、ほとんどの銀行がカードローンに力を入れています。
消費者金融の金利はおおよそ18,0%とほとんど同じですが、銀行は独自の基準で貸付をしているので、銀行それぞれで金利が違います

 

最も低い金利のカードローンは1,99%〜7,99%といった超低金利のカードローンもあれば、新生銀行カードローン「レイク」のように4,5%〜18,0%と、消費者金融並みのカードローンがあります。

 

基本的に誰でも低金利で借りられるわけでもなく、やはり低金利になるほど審査が厳しくなるので、それなりのステータスが必要になります。