キャッシングの申込でやってはいけない事

「キャッシングの申込をしたけれどなかなか審査に通らない」という方もおられますが、なぜ通らなかったのかを考えてみる必要があります。

 

申込でやってはいけない事

申込で絶対やってはいけないと言われている事があります。

  • 申込書の記入で嘘を記載する事
  • 同時に何社へも申込をする事
  • 必要以上に借入希望額を多く書く事

などがあげられます。

 

これらは、審査のときに悪い印象を与えてしまい、審査に通るのが厳しくなる場合もあるので注意が必要です。

 

申込書に嘘の記載は致命的

カードローンやキャッシングの申込で、嘘の情報を記載する人もいるようですが、バレないと思っても簡単に見破られてしまいます。

 

嘘をつく理由は、少しでも多くを借りたいとか、どうしても審査に通りたいという気持ちからだと思います。しかし、審査は申込書に記入した内容と、信用情報機関の個人情報を参照しているので、

 

例えば、他社借入件数や他社での借入額を誤魔化したとしてもすぐにばれてしまいます。
また勤務先などで嘘をついても、必ず在籍確認があるのでばれてしまいます。

 

同時複数社への申込は絶対ダメ

キャッシングの申込みで、「とりあえずお金を借りられるのならどこでもよい」と思って、一度に何社もの申込みをする方もおられますが、これもやってはいけない事のひとつになっています。

 

キャッシングの申込をした事は、信用情報機関の個人情報にリアルタイムで登録されますし、その情報は半年間保存されます。

 

一般的に同時申込が3社以上になると審査に通らないと言われているので、複数社へ申込をする時はある程度の期間を開けて申込むのがポイントです

 

借入希望額は出来るだけ少なくするのがポイント

キャッシングの融資限度額が多ければ、その分だけ便利に活用できますが、無駄な借入をしてしまう危険背もあるので、借入希望額は少なくしておくのが安全です。

 

基本的に初回融資はいくら多くても50万円以下になる場合がほとんどなので、多くの借入希望額を記入しても審査が厳しくなるだけなので、借入希望額は50万円以下にしておく方が審査に通りやすくなります。

 

このように、キャッシングで借りる時は、「やってはいけないこと」があるので、よく確認した上で申込みましょう。