審査の緩いカードローンの見分け方

キャッシングを始める理由は、人によって様々ですが、「今日中にお金を用意しなければならない」と言うような場合があります。そんな時、審査が通りやすい(審査が緩い)キャッシング会社が解れば安心です。

 

審査が緩いとどんな条件でも借りられる?

審査が緩いとか審査が甘い、という言葉を聞くと、「簡単に誰でも借りられるのかな?」と思ってしまいがちで、審査をまともに行っていないというイメージがあります。それはそれでお金を借りやすいので有難いとは思いますが、決して審査が緩いという事はまともに審査をしていないという事ではありません

 

と言うのも、「審査が緩い」という感想は、そのキャッシング会社を利用した人の感想で、たとえば、Aさんがお金を簡単に借りられたから「ここは審査が緩いよ」と、Bさんに紹介したところで、Bさんが必ずカードローンの審査に可決するとは限りません。Aさんは融資が受けられたけど、Bさんは審査に通らなかったというのはよくある話です。

 

その違いは属性にある

キャッシングの審査は「属性」と「信用情報」が大きく影響します。

 

申込書に記入した、氏名や住所、電話番号、勤務先などの情報や信用情報機関の個人情報からその人の属性が決まります。

 

このように、お金に関する信用情報から「この人にお金を貸しても大丈夫かどうか」属性や信用情報の内容によって点数が付けられます。その点数を元に高ければ高いほど審査に通りやすく、低ければ低いほど審査に通りにくくなるわけですが、この点数の基準はキャッシング会社によって違ってきます。

 

重視するポイントが違う場合、あるキャッシング会社では審査に通らなかったのに、別の会社では審査に通った…という現象が起こります。

 

この審査基準は各社外へ出すことがありませんので、何にポイントが高いのかはわかりません。情報サイトなどから、自分にとって相性がいいカードローンを探すことで、審査の緩いキャッシング会社が見つけられます。

 

「審査なし」は要注意

雑誌や新聞の広告で見ることがあります。
「無審査で融資OK」という謳い文句を出しているのは「闇金」と考えて間違いありません。

 

そのような被害やトラブルを防ぐためにも、「審査なしでお金を借りられる」という商品には絶対手を出さない!という意志が重要です。